探偵・興信所が浮気調査や素行調査の際に使用するメインの撮影機材がビデオカメラです。

秘匿性が必要な状況で使用する小型カメラや隠しカメラ、数時間に渡る長時間撮影に耐える大型バッテリーを搭載したハイスペックカメラ等、様々な状況に対応するカメラを用意して調査に臨みます。

各種調査(特に浮気調査)では夜間(暗い場所)に証拠撮影をする頻度が高く、暗い場所でも撮影できる高感度カメラや暗視カメラは探偵・興信所にとって必須の機材と言えます。

今回は夜間に限定して、一般的なカメラと高感度カメラ・暗視カメラの違いを実際の映像で見ていただきたいと思います。

使用している映像は全て10月の23時~0時台に撮影しました。

また、映像は動画をキャプチャしたものであり、加工等は一切しておりません。

使用した撮影機器

今回の比較映像を撮影した機材は以下のとおりです。

カメラA

一般の方でも電気店で簡単に購入できる通常のビデオカメラです。ただし、電気店で販売されているカメラなら何でも良いという訳ではありません。ハイスペックで値段が高いものが良いというものでもなく、小型・軽量・高耐久性である必要があり、勿論、暗所撮影性能も高くなければなりません。こういった条件を満たすものは、ここ10年で発売されたカメラでは数種類のみでしょう。

カメラB

夜間の撮影で最も効果を発揮するカメラで、所謂、高感度カメラに該当するビデオカメラです。浮気調査などで使用する頻度も非常に高く、このレベルの機材があれば夜の調査も安心です。

カメラC

夜の公園や河川敷、街灯などの光源がほとんどない状況で活躍するカメラです。モノクロ(白黒)映像であることが特徴で、それと引き換えに真っ暗な状況でも撮影できる力を持ちます。当探偵社は神奈川県内での調査が多いのですが、神奈川県だとこのレベルの撮影機材を使うことは多くはありません。使用頻度は高くありませんが、このカメラもなくてはならないカメラです。

比較映像1 駅付近

夜間サンプル

比較1(カメラA)

夜間サンプル

比較1(カメラA)

比較映像1は神奈川県の某駅付近で撮影しました。駅付近ですから各種店舗からの明かりや街頭などの光源が多く、カメラAで問題なく撮影できました。映像から周囲の状況がはっきり分かると思います。この映像だけでは分からないと思いますが、肉眼で見るよりも明るく撮影できています。

比較映像2

夜間サンプル

比較2(カメラA)

夜間サンプル

比較2(カメラB)

撮影場所は当探偵社相談室前の道路です。この道は国道16号線のすぐ横を並行する道なのですが、かなり暗いです。街灯の間隔が長く、すぐ横のパチンコ店も閉店しているため光源が非常に限定されています。この映像を見ればカメラAとカメラBの性能の違いがお分かりいただけるかと思います。カメラAの映像が肉眼で見る光景に近く、カメラBは肉眼よりも遥かに明るい映像が撮影できています。

比較映像3

夜間サンプル

比較3(カメラA)

夜間サンプル

比較3(カメラB)

神奈川県某市役所付近で撮影した映像です。これもカメラAとカメラBの比較になりますが、比較映像2と同様に性能の差がはっきりと分かる映像になっています。カメラAは肉眼よりも若干暗い映像になってしまいましたが、カメラBは高感度性能をいかんなく発揮しています。

比較映像4

夜間サンプル

比較4(カメラB)

夜間サンプル

比較4(カメラC)

撮影場所は神奈川県にある横山公園です。全く光源のない、ほぼ真っ暗と言っていい状況で同公園の案内板を撮影しました。歩くのにも気を遣う暗さでの撮影でしたが、このレベルの暗さではカメラBでもまともな映像は得られませんでした。モノクロ超高感度のカメラCでは案内板の文字までクッキリと撮影できました。

まとめ

比較映像を見ていただければ、如何にカメラの性能が探偵の調査に影響を与えるかを分かっていただけるかと思います。探偵調査員の実力や経験は非常に重要な要素ですが、それだけで良い調査ができるとは限りません。調査結果をより良いものにするには「人(調査員)」と「道具(撮影機材)」両方の質が高くなければなりません。

主な探偵業務エリア

探偵・興信所「マックス調査事務所」では神奈川県及び周辺地域にお住まいの方をメインに、全国を対象とした探偵業務活動(浮気調査・素行調査・人探し等)を行っております。神奈川県及び東京都全域への無料出張相談も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。