対象者の行動を監視・記録して、ご報告いたします

調査対象者の行動を尾行・張り込みを用い監視・記録する調査が素行調査です。

調査開始から終了まで対象者が「何時」「何処で」「誰と」「何をしていたか」を調べ、ご報告いたします。

素行調査を継続して実施すれば、対象者の生活習慣・行動パターン・趣味嗜好・交友関係等の情報を得られるうえに、対象者の本来の人間性(素の姿)を確認することもできます。

素行調査を実施する理由としては以下のようなものがございます。

  • 最近、夫・妻の金遣いが荒くなった
  • 単身赴任中の夫を監視してほしい
  • 日中、専業主婦の妻へ連絡しても返事がない
  • 一人暮らしの息子・娘が心配なので様子を見てきてほしい
  • 家族の帰宅が深夜になることが多くなった
  • 子供がブランド品等の高級品を隠して所持している
  • 子供の交際相手の話に不審な点が多い。行動を監視してほしい
  • 雇用予定の人物の素行を確認したい
  • 営業社員の外回り中の勤務態度を確認したい
  • 退社した社員がライバル企業の社員と会っている噂がある

上記の調査理由は一例に過ぎません。素行調査をする理由は様々です。まずはお気軽にお問い合わせください。

素行調査 ~調査方法について~

素行調査

素行調査は「張り込み」と「尾行」を繰り返し進めていきます。「張り込み」「尾行」は浮気調査や信用調査でも用いられる調査手法で探偵調査員にとって最も重要な基本的技術です。

「張り込み」「尾行」は探偵の基本技術ですが調査手法として決して難易度の低いものではありません。事実、ご自身で尾行して失敗・ばれてしまった後に、当探偵社に相談に来られる方は少なくありません。

警戒心のない対象者を1回だけ尾行するということであれば、上手くいくこともあるでしょう。しかし、探偵調査員は警戒心を持った人を含めた対象者の尾行を何十回・何百回と成功させなければなりません。

更に、尾行中は対象者の行動を監視するとともに、ビデオカメラ等の撮影機器で対象者の行動を映像に収める必要があります。

また、他の探偵社で素行調査を失敗した後に、当探偵社に調査依頼をする方もいらっしゃいます。プロの探偵調査員でも「張り込み」「尾行」を100%成功できる保証はありません。それだけ「張り込み」「尾行」の難易度は高いということです。

上記のような理由から、当探偵社では本番の調査に入る前の情報収集や事前調査を重要視しております。調査開始前に想定される問題点をクリアしておくことで本番の調査を滞りなく進めます。

前述したとおり、素行調査中は対象者の行動をビデオカメラで記録します。必要であれば1分単位での記録を行い、調査終了後にお渡しする報告書には移動経路から利用した店舗など、詳細な情報を記載して結果をご報告させていただきます。

主な探偵業務エリア

探偵・興信所「マックス調査事務所」では神奈川県及び周辺地域にお住まいの方をメインに、全国を対象とした探偵業務活動(浮気調査・素行調査・人探し等)を行っております。神奈川県及び東京都全域への無料出張相談も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。