裁判で認められる浮気の証拠とは?

探偵・興信所が行う浮気調査は依頼者様の立場や状況によって調査目的が少し変わることがあります。

例えば独身者が恋人の浮気調査を行う場合と、既婚者が配偶者の浮気調査を行う場合ではどうでしょう。

前者の場合、浮気相手と会ったことが確認できれば良いという考え方もあります。その場合、浮気相手と会って食事をしたりする場面が撮影できれば十分でしょう。

しかし、後者の場合はそうはいきません。既婚者であれば多くの方が離婚や慰謝料請求等を目的とします。であれば、浮気調査により「裁判で認められる浮気の証拠」を得る必要が生じます。

さて、この「裁判で認められる浮気の証拠」とはどのようなものなのでしょうか。

よく「浮気はどこからが浮気なのか?」という議論がありますが、人によって浮気のラインは大きく異なります。「一緒に食事をした時点で浮気」と考える方もいれば「手を繋いだら浮気」「キスをしたら浮気」等、人それぞれの価値観があります。

では「裁判で認められる浮気の証拠」のラインはどこでしょう?

それはずばり民法上の「不貞行為」があったかどうかです。「不貞行為」とはいわゆる性交渉・セックスのことを指します。

つまり浮気相手と会って食事をしてもキスをしても裁判では浮気であると認められないのです(ほとんどの場合)。

最高裁判所の「不貞行為」の解釈は次のようになります

「配偶者のある者が、自身の自由な意思の基で、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」

ですから「裁判で認められる浮気の証拠」の条件を満たすためには、浮気相手との性的関係(セックス)があったことを客観的に証明しなければなりません。

また「不貞行為」に継続性があるかどうかが裁判所の判断に影響を及ぼすことも忘れてはいけません。「不貞行為」が一度のみであった場合、「勢いに身を任せてしまった」「一時的な気の迷い」であったとされ、今後、夫婦関係修復の可能性有りと判断されてしまうこともあります。

不貞行為の証拠

裁判でも通用する浮気の証拠

「不貞行為」を証明するためにはどのような証拠が必要になるのか。

単純にセックスをしている場面を写真なり動画なりに収めることができれば完璧なのでしょうが、それが極めて難しいことなのは誰でも分かると思います。

自宅で浮気をしているのであれば自宅内に隠しカメラでも仕掛ければ良いのでしょうが、ほとんどの場合、浮気はラブホテルや浮気相手の自宅で行われます。

そこで探偵は、対象者と浮気相手がラブホテルや浮気相手の自宅へ出入り・滞在していることを証拠として確保するのです。

  • ラブホテルへの出入り

不貞行為を証明する証拠として最も一般的なものがラブホテルでの滞在・出入りです。

ラブホテルとは常識的に性交渉・セックスを行うための施設であると考えられているため、浮気相手とラブホテルに滞在したとなれば肉体関係があったことを否定することは難しいはずです。

仮に裁判となってしまった場合でも不貞行為があったと認められる可能性は極めて高いでしょう。

  • 一般的な観光ホテル及びビジネスホテル等への出入り

一般的なホテル、所謂ビジネスホテルや観光ホテルといった施設への宿泊でも不貞行為を証明する事が可能です。ただしラブホテルに比べると決定力に欠けるので、後押しするプラスアルファの証拠があると心強いです。

例えばホテルに入る前に「手を繋いで歩く」「キスをする」「肩を抱く」といった行動を押さえておけば証拠はより強固なものとなります。

ビジネスホテルの場合「仕事の打ち合わせ」といった言い訳をする人もいます。あるいはもっとシンプルに「ビジネスホテルに行ったけどセックスはしていない」と言い切る人もいます。

ですからビジネスホテルや観光ホテルの場合は、ラブホテルよりもより慎重にしっかりとした証拠を集める必要があります。

  • 住居への出入り

別居先や浮気相手の自宅への出入り・滞在も不貞行為の証拠として使えます。別居先や浮気相手の自宅の場合、前述のビジネスホテル等と同じくラブホテルのような証拠としての力強さはありません。

しかし、しっかりと条件を満たすことができれば十分「不貞行為」の証拠として成り立ちます。浮気相手との親密性を証明することも一つですし、部屋の中は2人きりであったと証明することも有効な証拠の一つです。

継続性と滞在時間

本記事内で、裁判で浮気を原因として離婚を認めてもらうには「不貞行為」の継続性が影響すると書きましたが、「不貞行為」の証拠を成立させる際にも継続性が必要になることがあります。

ビジネスホテルや浮気相手の自宅での滞在はラブホテルでの滞在と比べて証拠能力が劣ると書きましたが、その劣る部分を継続性で補うという考え方があります。

一度であれば、「仕事の打ち合わせ」や「自宅で休憩していた」などの言い訳も通用しやすいでしょうが、それが定期的に何度も起これば言い訳も難しくなります。客観的に見て親密であると考えるのが妥当であると判断されやすくなるのです。

また、滞在時間も証拠を成立させる重要な要素の一つです。例えばラブホテルに入ったとしても10分で出てきてしまえば証拠としては使えません。普通に考えて10分で肉体関係を結ぶことは難しいと考えられるからです。

以上のように「不貞行為」の証拠を成立させるには様々な条件をクリアしなければなりません。

当探偵社による浮気調査の参考映像

浮気調査サンプル01

隠しカメラによる撮影

浮気調査サンプル02

確実に証拠を押さえます

浮気調査参考映像はこちら

主な探偵業務エリア

探偵・興信所「マックス調査事務所」では神奈川県及び周辺地域にお住まいの方をメインに、全国を対象とした探偵業務活動(浮気調査・素行調査・人探し等)を行っております。神奈川県及び東京都全域への無料出張相談も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。